HOME>オススメ情報>心理カウンセラーとして働くためには資格を取得するのが一番

心理カウンセラーになるには

心理カウンセラーになるには、国家資格である公認心理師を取得したり、大学院で学ぶなどの方法があります。

資格取得までの道のり

心理カウンセラー関連の資格の中から自分が取得したいものを選ぶ

心理カウンセラーになるための資格はたくさんあるので、取得したいものを選びます。

資格の取得講座に申込む

通信講座や通学講座など自分が通いたい講座に申込みます。

講座を受けて知識を蓄積する

定められた期間講座を受けて資格取得のための知識を蓄積します。

講座が終了したら試験を受ける

講座が終了したら資格試験を受験して合否の判定を待ちます。

合格したら資格を取得して就職に活かす

合格したら心理カウンセラーとして働くための就職活動に活かしましょう。

何故求められているのか

セラピー

採用されるため、職場内の昇級等に必要とされる事もある心理カウンセラーの業務に関する資格ですが、何故資格の取得が求められるのでしょうか。その最大の理由は、心理カウンセリングという、行った結果が数値として表れにくい業務だからこそ、資格を取得して自身のスキルを公的に証明してもらう必要があるからです。

その中でも特におすすめなのは

カウンセリング

そんな心理カウンセラーの資格はどんなものがおすすめなのでしょうか。まずは、自身の働いている職場、あるいは転職等を考えている企業に求められる分野の資格です。例えば、小中学校に常駐するカウンセラーとして働くならば臨床心理士、企業のメンタルケアを担当する部署であれば産業カウンセラーといった資格を選ぶ事が重要になります。そして、より上のスキルを求めるなら公認心理士という国家資格等といった、目指す自分の姿を決めて資格取得に臨みましょう。

取得しておくとより良いもの

カウンセリング

さらに、最近では引きこもり支援相談師や、アニマル・ペットロス相談士等、よりきめ細かい悩みに対応出来る心理カウンセラーの資格も多々あります。それらを持っているとより自分の可能性を広げられるため、将来的に独立を考えている人はそれらの新しい資格に敏感になっておきましょう。こうした資格は、認定をする団体から資格所得の際に給付金を得られる場合もあるので、そうした情報も調べて有効活用するとお得に取得が出来ます。

広告募集中